スイッチファン!!

ニンテンドースイッチのケース ポーチ アダプターなどアクセサリーすべて

知れば知るほど、良さげ。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)Joy-Conは、本体から外すと電池が減ります。

なので、夢中になって遊んでいるとコントローラーの充電が無くなってしまう……ので、任天堂を始め各社Joy-Con用の充電アクセサリーを販売しています。

そんなJoy-Conの充電アクセサリーでも、ひときわ異端なバッテリーBIONIK パワープレートデュオ  スイッチコンソール・ジョイコン用 ダブルポータブル電源システム ブラックが出たのでご紹介。

ちょっと価格が高めですが、なんか新時代が来た感じがするので応援したい。

sponsored link

Nintendo SwitchのJoy−Con充電問題はコレで解決だと思うの

一瞬、小さいスイッチか?と思ったのですが、そうではないらしい。

真ん中のプレートみたいなやつがBIONIK パワープレートデュオ  スイッチコンソール・ジョイコン用 ダブルポータブル電源システム ブラック本体で、左右にジョイコンを差し込んで使います。

この間は充電が出来ている模様。そりゃそうだよね。

このプレート(パワープレートと言うらしい)は、2枚組で専用充電台付き。

ジョイコン左右持ちをする際や、ひとつもちのときはこのように充電台で待機するスタイル。スイッチっぽさは素晴らしいな

また、バッテリーなのでNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体の充電もできます。

……なんか……便利なような気がしてきた。

専用ポーチ付きで、持ち運びもOK。ほら、スイッチって携帯機っぽいところあるじゃん?持ち運びへの準備は必須やん?

コチラ、パッケージです。

超ちっちゃく、4,500mAhって記載がありますね。

公式によると、スイッチ本体のバッテリー容量は4,310mAhとのことなのでロスを踏まえて約0.8回分くらい。

ジョイコンなら7〜8回分かしら。

参考→【Switch】本体やコントローラーのバッテリーの定格情報を知りたい。

いままでにないジョイコン充電プレート…

現状、遊びながらジョイコンを充電できる周辺機器は、Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)か、Nintendo Switch Joy-Con 拡張バッテリー iVoler 乾電池式 便利 ニンテンドースイッチ 対応しかありません。

任天堂純正のJoy-Con充電グリップは、ケーブルを挿して有線状態にすればジョイコンが充電できる。というモノなのでTVモードでUSBを挿せれば良いのですが、テーブルモードではそうはいきません。

パワープレートは2枚あるので、いろいろ使えそう。ちょっと使い道を予想してみた。

パターン1
TVモード。1枚はジョイコンに取り付けて、遊ぶ時間大幅UP。もう1枚は、対戦相手のジョイコンに取り付け、1人で遊ぶ場合は充電スタンドに待機。

パターン2
テーブルモード。1枚はジョイコンに取り付け、もう1枚はスイッチ本体の充電要員。どちらも遊ぶ時間が大幅に増えます。

ジョイコンに付けなかったとしても、iPhoneやそのほか電子機器のバッテリーとしても使えるので、それはそれでヨシ。

パターン3
携帯モード。ジョイコンには付けられないので、ニンテンドースイッチ本体の充電に。もう一個は待機oriPhoneの充電に。

移動時は、ジョイコンをスイッチに取り付けなくても充電できるので、パワーブレードにつけっぱなしでOK。

遊ぶ度に本体につけたり外したりしなくて良いのは超ラクですね。

スイッチっぽいケーブルもありましたよ。

チェックした?

スマブラがNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)にやってくる!

ドラゴンボールやろうぜ!!!

関連記事はこちらにあるかも

sponsored link

down

コメントする




Switchのサウンドを強化するアクセサリー

マリオデを快適に遊ぶ

サイト運営者

スイッチマン

スイッチマン

ゲームとアクセサリーが大好きな管理人。既婚、子ども3人。無事スプラトゥーン2セットをゲット。 神社と温泉と旅行が趣味。マイプレイスは湖。 [詳細]



sponsored link